ハルタ Harta

2020/10/27

【試し読み増量中】『真昼の百鬼夜行』比嘉史果


作品紹介
舞台は、暗闇の少なくなった現代日本。
たくましく生きる妖怪達は、人里で生き延びていた!?
勝手気ままな彼らに、翻弄されつつも強かに暮らす人間。
異種族同士の共同生活を、ユーモアたっぷりに描きます!
現在ハルタ本誌にて「帝都影物語」を連載中の比嘉史果。その初連載作を、お楽しみください。


公開中のエピソードはこちら


【お買い求めはこちらまで】
【KADOKAWA公式ショップ】真昼の百鬼夜行 1巻

【作家プロフィール】
比嘉史果(ひが・ふみか)
ハルタ25号掲載「動物園のくだん君」でデビュー。
現在は、権謀術数渦巻く、煌びやかな宮中で生きる、
皇子と影武者、2人の少年を描く「帝都影物語」を連載中!
流麗な線が特徴の新鋭作家。
TOPへ戻る